はじめての古物商許可・会社設立 完全ガイド

古物商許可申請・会社設立の基本的な内容をまとめたサイト

制度融資 千代田区

2014/04/11

制度融資とは

  • 「制度融資」とは、行政と金融機関および信用保証協会がお互いに協力することにより、中小企業に対して優遇された条件で融資することを目的に作られた、いわば「パッケージ型の融資」のことを言います。
  • 制度融資には、都道府県が主催するものと市町村が主催するものの2種類があります。(同時利用は不可)
  • 通常の金融機関の融資に比べて、好条件(低金利、長期間返済、高額)で借りやすいという特徴があります。
  • 最大8,000万円まで無担保、無保証での借り入れが可能ですが、具体的な限度額はその企業の信用力によります。

千代田区制度融資の特徴

  • 区民とそうでない場合で限度額や本人負担利率に大きな開きがあります。
  • 起業前である場合には同額の自己資金が必要となります。
  • 初回と融資実行から6ヶ月後に、中小企業診断士による経営診断を受ける必要があります。

制度の概要

対象 事業に着手していることが明らかで、これから起業する者については1か月以内に新たに個人で、または2か月以内に新たに法人を設立する次のいずれか{こ該当する者
資金使途 運転資金・設備資金
限度額 (区 民) 「起業前」 2,000万円 「起業後」 2,500万円(一 般) 1,000万円
利率 (区 民) 2.1%
(一 般) 2.1%
利子補給 (区 民) 1.6%
(一 般) 0.6%
本人負担率 (区 民) 0.5%
(一 般) 1.5%
融資期間 7年以内
据置期間 12ケ月以内
返済方法 元金均等
保証料補助 (区 民) 代表者が在住区民の場合のみ全額補助
(一 般) なし
自己資金 起業前である場合には同額の自己資金が必要
納税 最近1年間に納付すべき事業税または住民税を完納していること
その他 初回と融資実行から6ヶ月後に、中小企業診断士による経営診断を受ける

※ 情報はh26.02現在のものです。

また、上記以外にも条件がありますので、詳しくは区の制度融資に関するサイトまたは参考サイトをご確認ください。

-東京都23区の制度融資