はじめての古物商許可・会社設立 完全ガイド

古物商許可申請・会社設立の基本的な内容をまとめたサイト

古物商許可の申請場所と手数料

2011/12/19

古物商として営業する際には、営業所が所在する都道府県の公安委員会へ申請します。複数の都道府県に営業所が存在する場合には、それぞれの公安委員会への申請が必要です。同一都道府県内に2か所以上の営業所が存在する場合では、1つの都道府県の公安委員会から1つの許可を受ければ足ります。

古物商許可申請書の提出窓口

公安委員会への申請の方法は、提出窓口となる営業所在地の所轄警察署 生活安全担当課を通じて、通常正副2通を提出します。(この申請書を提出した警察署を経由警察署と言います。)

●警察署一覧(東京都)

提出窓口の受付時間

平日 午前8時30分から午後5時15分までとされています。
生活安全担当課の古物営業担当者が不在の場合もありますので、事前に電話等で確認をしておきます。

古物商許可に関する申請手数料

古物商許可申請に関する手数料は、以下の通りです。

古物営業の許可に対する審査 ¥19,000
古物商の許可証の再交付 ¥1,300
古物商の許可証の書換え ¥1,500

-古物商許可申請の概要