はじめての古物商許可・会社設立 完全ガイド

古物商許可申請・会社設立の基本的な内容をまとめたサイト

古物営業の種類

2016/05/20

古物を取り扱う事業を古物営業と呼びますが、

この古物営業は、以下のように分類されております。

古物商(こぶつしょう) 1号営業

古物を自分で、または他人からの委託を受けて、売買または交換をする営業です。
中古車販売店、中古CDショップ、リサイクルショップ等があげられます。
これには、インターネット上での取引も含まれます。

古物市場主(こぶついちばぬし) 2号営業

古物商間の古物の売買、または交換をするための市場を経営する営業です。

古物競りあっせん業(こぶつせりあっせんぎょう) 3号営業

インターネットオークションのシステムを利用者に提供する営業です。
古物競りあっせん業は、システムの提供のみにとどまり、
自らはオークションの出品することはありません。
この業態では、参加者から手数料を徴収することで利益を上げることが目的となります。

-古物商許可申請の概要